ストーリー

Story

潜在意識を学んだことで問題解決ができるようになり、退職も考えるほど悩んでいた上司との関係性が改善しました!!

2022.03.2

今回は、金融機関のコンプライアンス部門でお仕事をされている松本亜子さんにお話を伺いました。

当時の課題や悩み

今までは職場環境にも恵まれてきたのですが、今の会社に転職してからというもの、職場環境になじめずに悩んでいました。特に、人に対するダメ出しが強い上司に毎日ビクビクしてしまい、心身をすり減らしていました。このままでいいとは思えなかったのですが、まだ転職したばかりだったこともあり、すぐに辞めるということもできず、かといってどうしたらいいか分からずにいました。
振り返ってみると、これまでも身近な男性との関係でダメ出しされることがあったので、もしかして自分に原因があるのかもしれないと思ったときに、Clubhouseで石山さんの存在を知りました。

潜在意識アカデミーを選んだ理由は?

ちょうどClubhouseのルームで石山さんにスピーカーに上げてもらった際、当時の上司の悩みを相談したのですが、「それはあなたに必要だから投影しているのかもね。」と石山さんに言われた時、「必要なわけない」と最初はものすごく心が抵抗しましたが、自分の何が引き寄せているのかを知りたいと思いました。
そんな時にタイミングよく潜在意識アカデミーの募集がかかったので、一度自分をしっかり見つめなおして原因を特定したいと思い、申し込みました。

参加して得られた気付き

上司が、今の自分も認めてくれつつも、「もっとよくなるよ」というアドバイスが、「今のままではダメだ」というダメ出しにしか聞こえなくなって苦しくなっていたのですが、その原因は、優秀な妹との関係性にあったことに気付きました。
妹は何でもできるのに、自分は妹ほどできないことがありました。両親から比較されることはなかったし、自分自身も好きなことをやっていたのでそんなに気にしていないと思っていたんですが、講座のワークを通して「もっとできるよ。」ではなく、「できないままでもいいよ」と父に認めてほしかったことに気付きました。

それを踏まえて自分の思考パターンや心のクセについて上司に伝えてみたところ、上司もなるほどと納得してくれて、一つ大きな心の支えを手放すことができました。自分のパターンを伝えることで、前よりも一歩も二歩も前進できたので、勇気を出して伝えられたことが本当に大きかったです。

これまでは、気分転換をすることで「問題回避」はできていたけれども、根深いところで「問題解決」はできていなかったんだなということにも気が付きました。
今では、自分が陥りやすい思考のクセに対する解決方法が増えた感じです。

仲間の価値は?

同じ目的を持った仲間で、みんなで進んでいこうとする場の価値が大きかったです。
講義を休んでワークをすることができない時もあったのですが、仲間がわざわざ時間を作ってワークを一緒にやってくれたり、細やかなフィードバックをしてくれてすごく感動しました。
普通に話していれば浅く終わってしまうような会話も、ワークをし合うことでお互いを深く理解できたり、より気付きが深まったり、その人にあったアドバイスをしあえる仲間ができたことが大きな収穫でした。

どんな人に勧めたいですか?

私のように自分は平気と思っている人こそ、何気なくやり過ごしてしまうことが多いと思うので、そういう人たちにこそ受けてほしいと思います。普段であれば流してしまうようなことも、一度立ち止まって考える機会を得られると、より自分のことを知れる鍵となり、ビジネスや子育てや恋愛など多方面に使えると思います。

関連記事

書籍紹介

世界が一瞬で変わる潜在意識の使い方
Amazon 1,540円

潜在意識の構造を21のフレームワークで解説したビジネス書。2015年10月にAmazonランキング2位を獲得し、2018年4月にも明林堂書店の週間ランキングで3位にランクインするなど、根強い人気を誇る。

ツール紹介

対話するトランプ2
Amazon 2,980円

コミュニケーション能力を測定できるカードゲーム。採用試験で応募者のコミュニケーション能力を数値化して把握することができ、営業社員の能力開発にも最適。研修やグループワークで人気の一品。