スタッフ達から「社長、いい人になりましたね!」と言われるようになり、十分な費用対効果を得られています!

2021.09.4

今回は、経営コンサルティングや企業顧問を務めながら、人間力開発に力を入れている有限会社シンプルタスク代表の吉井雅之さんにお話を伺いました。

当時の課題や悩みは?

講座で同じことを伝えても、すぐ実践に繋げられる方と、なかなか一歩が踏み出せない方がいらっしゃる中で、その行動の差は、幼少期の経験体験による潜在意識にあることまでは分かっていました。
塾生にもっと寄り添い、もっと成果が出るよう、潜在意識についてしっかりと理解している言葉で説明できるようになりたいというのが課題でした。
また、私の世界観では知り得ない方達との出会いを得たいと思っていました。

潜在意識アカデミーを選んだ理由は?

そんな時、たまたまclubhouseで石山さんの淡々としながらも心揺さぶる語り口調に惹かれ、ピンときて申し込みました。講座のコンテンツそのものも興味はありましたが、同業者として石山さんがどのように人の変化を導いてくのかとても興味がありました。また、石山さんは問いの投げかけが上手なので、そこもぜひ学びたいと思いました。

参加して得られたこと

アカデミーを受けてから「事実は一つ、捉え方は100万通り」 で、「今」ではなく「未来から」で捉えることができるようになり、嫌なことがあった時でも感情が揺さぶられる幅が小さくなりました。

また、社内のスタッフといかに共通認識をとれるかが重要だという知識はありましたが、アカデミーの前半で投げかけがあった「あなたはどんな時に信頼されたと感じますか?」「どういう条件を満たせば相手を信頼できると思いますか?」という問いで、そこから目を背けていた自分に気づけたことが、とても大きな気づきとなりました。

例えば今までだったら、「なんでこんなに頑張っているのに気づかないんだ!」とスタッフに対して思ってしまっていたことも、今は「やっぱり分かりにくかったか。それなら直そうか。」と笑って言えるようになり、スタッフ達に「社長いい人になりましたね。」と言われるようになりました(笑)おかげさまで、アカデミーの前半だけでも十分な費用対効果を得られていると感じています!

 

経営コンサルティングをしている以上、自分の会社でできていないことは他では言わないというのがポリシーでしたが、言行一致できていないことが、自分自身を振り返ってみてもありました。

その言行一致できない理由が、過去の「感情を伴ったデータ」にあることを知り、それをアカデミーで順を追って整理していくことで、感情が落ち着いて自分自身を見れるようになりました。

その結果、自己認識(自分が思っている自分の理解)と他者認識(スタッフが自分をどう捉えているか)のズレを、楽しみながらすり合わせできるようになったことは、自分でも大きく変わったなと思います。

前述の通り、スタッフとの関係性もよくなりましたし、これからはクライアント様にも、より自分の言葉で伝えていけそうです。

どんな人に勧めたいですか?

潜在意識アカデミーは、「勘違いしている自分と出会える場」なので、弊社スタッフや、努力はしているものの、欲しい成果や結果に結びついていない人にオススメしたいです。

弊社スタッフには、私がアカデミーを受講した感想をシェアして、興味があるというスタッフにはぜひ受けてほしいと考えています。

参加された講座は 「潜在意識アカデミー」

潜在意識の使い方について体系的に学べる講座。第3期には126名のビジネスパーソンが参加。自己理解を深めることで、コミュニケーションのパターンが変わり、人間関係が変化しています。「ビジネス応用講座」では、他者の潜在意識を開花させる方法も伝授。潜在意識コーチングの資格が取得できるコースをご用意しています。  >>詳細はこちら

よく読まれている記事

関連記事

プロフェッショナルコーチ

書籍紹介

世界が一瞬で変わる潜在意識の使い方
Amazon 1,540円

潜在意識の構造を21のフレームワークで解説したビジネス書。2015年10月にAmazonランキング2位を獲得し、2018年4月にも明林堂書店の週間ランキングで3位にランクインするなど、根強い人気を誇る。

ツール紹介

対話するトランプ2
Amazon 2,200円

コミュニケーション能力を測定できるカードゲーム。採用試験で応募者のコミュニケーション能力を数値化して把握することができ、営業社員の能力開発にも最適。研修やグループワークで人気の一品。