ストーリー

Story

マネジメントに活かすために受講しましたが、自分の内省に繋がり、期待値以上の学びがありました

2021.09.14

ベンチャー企業の営業組織でマネジメントをされている細川貴裕さんに、受講していただいた潜在意識アカデミーや、弊社代表石山のビジネスアドバイスについて感想をいただきました。

部下のマネジメントのために受講しました

部下にテクニックややり方を教えても、人によって伸びる速度や幅が違うため、アプローチ方法に悩んでいました。

例えば、すぐに人のせいにしてしまう部下がいたとして、どうしたらその部下が自責に捉えられるようになるかは、その人の根本の在り方や潜在意識が大元にあるのでは、と思っていました。しかし「その大本を変えてあげるために、何ができるのかが分からない」という課題がありました。

また私は、マネジメントに活かすために学んだコーチングで、部下に自分で考えてもらったり、「どう思っているの?」と話を深掘りすることもしていました。しかし、コーチングでは辿り着けないもっと奥底にあるものが変わらないと、本当の意味で部下の仕事のやり方が変わらないとも感じていました。

そんな課題を持っていた中で、たまたま石山さんとバーベキューでお会いし、石山さんの醸し出す雰囲気や、お話しされる内容が一見スピリチュアルに聞こえるのにロジカルだったことに魅力を感じ、潜在意識アカデミーを受講しました。

自分の内省ができて、人間関係が楽になりました

もともとは部下のマネジメントのために受講したアカデミーでしたが、実際には自分の内省になり、期待値以上の学びがありました。

例えば人から質問された時、過去の嫌な出来事が原因で、相手から質問されているだけなのに、詰められていると感じるパターンがあることに気づきました。過去の嫌な出来事に引っ張られ、ありのままに物事を捉えられていなかったのです。そこで、「文字を文字通りに受け取る」ことを意識してから、同じパターンに遭遇しても、その相手と良い関係を築けるようになりました。

一方で、今度は自分が伝える側になって部下にメールするときは「文字を文字のまま受け取られない」ということも分かったので、絵文字を付けたりと伝え方を気にするようになりました。

また、受講前は、周りの人が反応的(感情的)な対応になった時に、自分も感情的に反応してしまっていました。しかし今は、一歩引いて、「相手がどういうメガネをかけているからこうなったのかな?」と考えられるようになって、人間関係が楽になりました。

私は、録画された動画のみの受講で、ディスカッションや宿題などには参加できませんでしたが、それでもたくさんの気づきを得ることができました。

石山さんの包み込むような優しさに感動しました

石山さんには、マネジメントについて別途アドバイスをいただいたことがありました。

石山さんのようなすごい人からアドバイスを頂くのが初めての経験だったので、もっと上から来ると思っていましたが、目線を落としていただき、寄り添いながら的確なアドバイスをいただきました。

私のようなサラリーマンの相談に乗ることは、石山さんになんのプラスもないと思いますが、包み込むように優しく接してくださる姿に感動しました。

テクニック論だけではまかなえない部分を変えたい人にオススメです

潜在意識アカデミーは、テクニック論だけでは解決できない課題を持っていて、その部分を変えたい人、周りの人を変えたいと思う人にお勧めです。

本当は環境や場所が変わってもいつも同じことで苦しんでいる人にお勧めしたいのですが、僕はもともとそこに課題認識があったわけではありませんでした。アカデミーを受講して、いつも同じことに苦しんでいたことに気づいたので受講してから気づくことなのかもしれません。

関連記事

書籍紹介

世界が一瞬で変わる潜在意識の使い方
Amazon 1,540円

潜在意識の構造を21のフレームワークで解説したビジネス書。2015年10月にAmazonランキング2位を獲得し、2018年4月にも明林堂書店の週間ランキングで3位にランクインするなど、根強い人気を誇る。

ツール紹介

対話するトランプ2
Amazon 2,980円

コミュニケーション能力を測定できるカードゲーム。採用試験で応募者のコミュニケーション能力を数値化して把握することができ、営業社員の能力開発にも最適。研修やグループワークで人気の一品。